Gengoro’s Blog

デジタルマーケティング業界でPMを務める筆者が、日常の些細なことから読んだ本、考えたこと、仕事のこと、私生活のこと、何でも雑多に書いていくブログです。

「毎日8時間寝たい」からこの先のキャリアを考えてみる、ってのは不真面目なのかな?

最近仕事が少し忙しくなってきました。

忙しいと言っても必ず22時までには退社するので、ブラック企業の方々からするととんでもなくホワイト環境だと思います。

 

キャリアや転職について、少しずつ真剣に考えるようになりました。

Webディレクターという職業を4年やって、ここからさらに3年、5年と進んでいった時の自分の価値がいまいち分からなくなってきたためです。

 

Webディレクターって何なんだろう、他人に取って代わられない価値を出すためには今何をして、これから何をしていけば良いんだろうと考えています。

 

そんな中で、業界や職種、福利厚生や報酬などさまざまな要件を天秤にかけて考えるわけですが、やっぱり労働時間って大事だなーと感じています。

 

私は比較的ロングスリーパーなので、制限が無ければ毎日9時間くらいしっかり寝たいと思っています。

でもさすがにそれはなかなか厳しいので、「毎日8時間きっちり眠れること」を理想として置いています。

 

今の仕事は在宅勤務になってからこの要件は概ね達成できていて、だいたい9時半から働きだして20時半くらいには仕事を終えます。

 

そこからのスケジュールは、

  • 夕食+休憩:1時間
  • 散歩:45分
  • 風呂+筋トレ:45分
  • ブログ:30分

といった感じで、だいたい23時半くらいには寝る準備ができます。

0時に眠りにつけば、8時間寝てまた朝8時から行動できる。

 

そう考えると、巷では月間残業時間が50時間とかではじめてブラック企業とか言われるわけですが、そんなに残業していたらとてもじゃないけど8時間も眠れないわけです。

 

毎日8時間寝ようと思ったら、まず通勤時間が短いこと。これが要件にあがってきます。

30分以内で通勤できることや、そもそも通勤しなくて良いというのはやはり大きなアドバンテージになります。

 

労働時間は、10時間+1時間休憩くらいが現実的なラインだなと感じています。

と言ってもこれは限界ラインなので、通常8時間+1時間休憩くらいに収まる労働環境があればなぁと思っています。

あくまで例外で拘束時間11時間くらいに収まる労働でないと、理想という意味では達成できない。

 

そんでもって収入は簡単には下げられないから、難しい。

 

収入を下げることができれば、今の経験なら何かしら良い場所は見つかる気もするんですがね。やっぱりある程度余裕を持って、欲しいものを買って、行きたいところに行って、食べたいものを食べる生活は捨てられない。

 

なんかあれもこれもと言っているように思いますが、普通にしたい生活をして、思いっきり寝たいだけ寝て、そんな人生を求めるのに、何か特別な資格がいるんですかね。

もうとっくに文明は発達したんだから、もっとこういう当たり前を実現していける社会にしなきゃなと思っています。

 

あとは仕事におけるストレスを限りなくゼロに近づければ、もしかすると睡眠時間の要件は緩和されるのかもしれませんね。

 

そうすると、

  • 多少睡眠時間が減っても稼働できるような、ストレス無く働ける状況は何かを考える
  • 睡眠時間を十分に確保できて、今の生活を維持できるキャリアプランを考える

あたりがやらなきゃいけないことだなーと思って、いろいろ情報を見てます。

 

すぐにということでは無いですが、やっぱりストレス無く存分に力を発揮できてかつヘルシーな場所の方が、自分は突き抜けられそうな気がするので。

 

根源的な欲求からちゃんと考えるって、大事なんじゃないですかね。

諦めたら、そこで試合終了でしょう。

 

寝よう。では。

『わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本』:Web技術理解の一冊目におすすめしたい超入門書

↓この本を読みました。 

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本〈HTML5・CSS3〉

わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本〈HTML5・CSS3〉

  • 作者:湊川 あい
  • 発売日: 2016/06/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

Webデザインに関する入門書としては、非常によくまとまっていると思います。

章立ては下記の通り。

  1. 企画
  2. デザイン
  3. HTML
  4. CSS
  5. JavaScript
  6. PHP
  7. 公開
  8. 運用

 

章立てだけで分かりますが、Web制作に使用される言語を中心に、企画〜公開・運用までの全体の流れと、それぞれの言語がどういう役割を担いどう関係しているかを解説した入門書です。

 

Webディレクターって、その仕事の中心がスケジュール管理や調整であるためか、比較的未経験採用の多い職種だと思います。

それ自体はそんなに間違っていないし、Webディレクターの多様性を生んでいる面白い風土だとは思いつつ、じゃあ誰でもできる仕事かというとそうではない。

 

未経験からWebディレクターをはじめた場合、はじめの1-2年は目の前にある仕事を真似しながら片付けていけば良いんですが、その先に行くには必ず自身のスキルアップが必要になります。

というか、スキルアップしていかないとただ間に入って横に回していくだけの人になるので、仕事が楽しくならない。

 

そのスキルアップのはじめのところは関わっている仕事から広げていけば良いんです。

広告運用、Web制作、SNS、分析とか一定の領域分けはあるので、まずは自分が触れているところを軸に学んでいけば良い。

 

ただ、上流〜下流まである程度広く対応していこうと思うと、必ず技術的なバックボーンが必要になります。

 

そんな、「Web制作に携わっている/携わりたいけど、そもそもWebサイトがどういう仕組で動いているか実はよく分かっていない」という方におすすめの良書でした。

 

HTML/CSS/JavaScriptなど、Webサイトに使われる言語それぞれの役割を擬人化して、非常にうまく説明しています。

 

  • HTMLは情報を構造化する
  • CSSはHTMLを修飾する

みたいな超基本的な立ち位置を理解しながら、それぞれの最低限の使い方を身に付けられるようになっています。

最低限の使い方が分かれば、デベロッパーツールで確認してなぜ表示崩れが起こっているか理解したりくらいはできるようになるわけです。

 

ここで僕が強調しておきたいのは、皆が皆これらの言語を扱える必要は全く無いということ。

でも、Webに関わる人は、全てのWebサイトはHTMLでできていて、ブラウザはURLという識別子を通じてサーバーにあるHTMLを読み込んで表示している、ということくらいは理解しておいた方が良い。

プログラミング義務化とかはじまりそうですが、全体のレベルが底上げされて意思疎通に必要なコミュニケーションリソースを減らすことが、日本のデジタルが進歩していくうえで大事なことだと思っています。

 

そんなわけで、

  • とりあえず進行管理はできるようになってきた
  • 簡単なコピーライティングやワイヤーフレームっぽいものも作れるようになってきた
  • でもこれって誰でもできる仕事な気がする、、、

そんな風に感じている新米Web担当者の方がいれば、是非本書をきっかけにもう少しだけ技術の世界に触れてみてください。

 

日々目の前の仕事をしながら身に付けた人柄やコミュニケーション能力に、専門性を掛け算していけば気付いたら希少価値の高い人材になっているはずです。

 

では。

手磨き+電動+マウスウォッシュ+糸ようじを組み合わせて歯の健康を保つルーチン

歯石取りと歯磨き習慣の見直しを目的として、3ヶ月ごとに歯医者に通っています。

合う合わないをいろいろ試して、ようやく一日の歯磨き習慣が定着してきました。

先日歯医者に行ったところ順調に良くはなってきているようなので、今回はその歯磨き習慣を簡単に紹介します。

 

朝は目覚ましも兼ねて手で磨く

朝は手を動かすこと自体が目覚ましというか、ウォーミングアップ的な意味合いを持つので、通常の歯ブラシで手磨きをしています。

歯磨き粉は特別こだわりはありませんが、タバコを吸うので可能な時はザクトを使用しています。

ザクト [医薬部外品] 150g

ザクト [医薬部外品] 150g

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

昼食後に磨く

在宅のため、できる限り昼食後も磨くようにしています。ここも目覚まし的な意味合いもあるため手磨きで。

忙しい時はスキップしちゃう時もありますが、単純にリフレッシュになるので最近習慣化されてきました。

 

臭い口で仕事をするより、すっきりしている方が良いに決まっています。

 

お風呂でマウスウォッシュをする

夕食後軽く歩いて寝るまでの間に、風呂場でマウスウォッシュをします。

 ↓使っているのはこれ。

 

結構味が付いているためオリジナルの方が良いそうですが、自分には合いませんでした。まずい。

 

その後の歯磨きと間隔を空けるため、シャンプーをするより前に風呂場に入った際のファーストタスクにしています。

 

風呂上がりに電動歯ブラシ+糸ようじ

風呂上がりに筋トレ+ストレッチをして、そのインターバルに歯磨きをするというのが最近の定番です。 

 

電動歯ブラシは少し古いですが、このモデル。 

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 ブラック D5015132XBK

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 ブラック D5015132XBK

  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: ホーム&キッチン
 

アプリもあるんですが、めんどくさくなって全然使っていません。

Oral-B

Oral-B

  • P&G Productions
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

電動歯ブラシははじめて使ったんですが、歯の周りをまんべんなくキレイにしていける感じが良いですね。歯医者で歯をキレイにしてもらうのに近い感覚で、歯茎周りを丁寧に磨くことができます。

 

糸ようじはもともとデンタルフロス(長い糸を自分で切って使うタイプ)を使っていたんですが、奥歯など器用に扱えなかったため糸ようじに変更。

本当はデンタルフロスの方が四方八方に動かせて良いらしいですが、うまく使えない人は糸ようじでもやらないよりは全然マシだと思います。

 

オーラルBのものを買って使ってみましたが、割と使いやすくて気に入っています。 

ブラウン オーラルB フロスピック ホワイトニング 60本 60本

ブラウン オーラルB フロスピック ホワイトニング 60本 60本

  • 発売日: 2020/05/14
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

オーラルBのものが無くなったので小林製薬を買ってみましたが、これは少し失敗。

微妙に糸が太く、歯のすき間が狭いとうまく入らないことがあります。 

 

ちなみに歯間の汚れを毎日取るようにすると、口の臭いがかなり解消されました。

 

いろんな方法を組み合わせて、カバー領域を上げる

つらつらと書いてきましたが、習慣のポイントとして、一つの方法に固執せず幅広い方法を試して併存させるということを意識しています。

特に歯磨きの場合は、その人の癖によって磨き残しができてそこから虫歯が発生する。

もちろん癖は歯医者で診断を受けたりして調整していくのですが、それでも人なので完全に完璧に磨くというのは難しいわけです。

 

であれば手磨き+電動+マウスウォッシュ+糸ようじという4つの方法を組み合わせれば、少なくとも手磨き一本よりは広い範囲をカバーできて良いだろうというのが根幹の考え方です。

そこにさらに歯医者に定期的に行くとか、間食後口をゆすぐだけでもやっておくとか、必要に応じて要素を追加していくわけです。

 

これは掃除をする際などにも意識していて、例えば床掃除でいえばルンバ+掃除機+クイックルワイパー+モップがけのように組み合わせるだけで、圧倒的にカバー範囲が変わってきます。

 

ここでのポイントは、全てを完璧にやろうとしないこと。

そうではなくて、いろんな方法を組み合わせて少しでも完璧に近づけていく=最適化を目指せば良いということです。

 

歯磨き習慣って割と生まれた家庭に依存して差が出る部分ですが、寿命や健康状態に大きく関わる部分なので、いろいろ試して最適化を図っていきたいですね。

効果が実感できると、習慣は少しずつできあがっていきます。

 

では。

意識の低い人間は、効率より先に継続を考えろ

継続ブログをはじめてからなのか、はたまた他の理由なのか分かりませんが、筋トレが続いています。

 

これまで1週間も続いたことが無かったんですが、おそらくもう1ヶ月くらいは普通にやっていると思います。

 

筋トレといってもたいそうなものではなく、ただ毎日お風呂上がりにできるだけやるといった感じです。

毎日交互に、上半身と下半身を鍛える。

合間のインターバルでは家事をしたりストレッチをしたりしてまた筋トレに取り組み、もう無理と思うまで数セットこなすだけ。

 

誰かも言っていましたが、全くやらないよりやる方が1ずつでも経験値が貯まっていきます。

 

筋トレに詳しい人に言わせると、「毎日15分なんか意味ないよ。ちゃんと負荷かけなきゃ」みたいな事実もあるかもしれないんですが、単に体にということではなく、継続できているということやその実感自体が蓄積になるわけです。

 

今まだ1ヶ月継続したことが無ければ、とりあえずそれを目指せば良い。

強度とか方法とかは、それから考えれば良い。

 

最近認定資格をいくつか取得していることなんかもこれに通じていますが、意識の低い人間は、とりあえず目の前の弱い敵を定めて、そこから倒していけば良い。

何もしないよりは、少しずつでも前に進む方が良いに決まってるんですよ。

 

よくネットとか見ていると、意識の高い提言がたくさん目について、そこでチャレンジをしてみるが自分には合わないとか続かないといった理由でやめていってしまうことが多い。

そうやってゼロにしてしまうなら、「とりあえずやってみた」の方がよっぽど価値があると思うわけです。

 

本当は最高効率を目指してやっていかないと、多くは成し遂げられないのかもしれません。

でもその前に、効率より前に、継続する力や何でもやってみるフットワークを身につける方が先なんだと思います。

 

多くのメディアは選りすぐりの人たちが作るベストプラクティスですが、多くの凡人はそこからもっと遠いところにいるわけです。

 

遠くを見すぎて自己嫌悪に陥るくらいなら、スライムでもドラキーでも倒しながらちょっとずつ改善していく方が、まだマシなんじゃないですかね。

んでそいつらを楽勝で倒せるようになったら、次を考えたら良いじゃないですか。

 

以上、意識の低い私が考える「効率より継続」でした。

 

では。

ただただ坂を集めるPinterestボード - Pinterestで面白いマーケティングができそう

最近Pinterestをもう少し活用できないか、考えています。

 

Pinterestは1つのアカウントの下に何個もボードをぶら下げられるので、Instagram複数アカウントを作るより圧倒的に運用しやすいメリットがあります。

 

InstagramYouTubeTikTokも、どうしても「生産者側」向けのSNSじゃないですか。

それに対してPinterestは、自分で生産しなくて良い緩さが魅力なんですよね。

 

もちろん自分で撮った写真や描いた絵を含めても良いのですが、それよりは直感的に良いと思ったものを集めていく。

Web版スクラップブック的な色の強いSNSですね。

 

そんな訳で、ただただ坂や奥行きのある写真を集めるボードを作りました。

pin.it

 

日本ではまだまだ活用されていないサービスですが、アルゴリズムの精度は高く、ただ良いなと思ったものを集めていけば、どんどん自分好みなコンテンツが集まってきます。

 

ビジネス的にももっと活用できたら面白いなーと思って、こんな本も読んでたりします。

Pinterestビジネス講座

Pinterestビジネス講座

 

結構古い本ですが、いかんせん日本語で書かれた書籍が少ない!

それだけビジネスとして成立していないというのが現状みたいですね。

 

先日こんなツイートをしましたが、Instagram以上に「言語色」が弱いSNSなので、グローバル企業のブランド世界観を統一的に見せる場所、なんかとしては結構面白いんじゃないかなと思っています。

 

ざっと国内企業ランキングを見てみると、1企業というよりはメディアが活用しているケースが多いみたい。

pinterest.userlocal.jp

 

それでもユニクロなんかは、まさにツイートした通りのことをやっていますね。

www.pinterest.jp

金額が表示されるので、ECとも相性が良いと。

 

他にもWebやってる人ならイケてるサイトデザインを並べてみたり、良かった本を並べてみたり、割といろんな使い方を思い付きます。

 

今はまだそこまで活用しきれていないですが、またちょくちょく更新していこうかなーと。

 

では。

iOS14のAppライブラリで、iPhoneホーム画面が一気に整理された

iOS14のAppライブラリ、良いですね。

support.apple.com

 

これまでは二軍三軍的なアプリもフォルダ分けしてフォルダの2ページ目3ページ目にしまったりと管理が煩雑だったのですが、Appライブラリによって一気にホーム画面が整理されました。

 

ホーム画面に無いアプリへも最低限アクセスは担保されている訳なので、日常的に使うもの以外は割と何でもAppライブラリに放り込んでしまうのが正しい使い方だと思っています。

 

↓ざっと整理したホーム画面がこちら。

f:id:gengo_k:20200924235155p:plain

 

ブラウザは早速Chromeをデフォルトにしました。この方がGoogleブラウジング履歴を渡せるので、Googleニュースの精度なんかが上がってくるんじゃないかなと少し期待しています。

Safariでも全然いけるけど、一旦Chromeにしたら「Chrome使いにくいな」と感じる場面は特に無いので、戻るモチベーションが起きない。この辺りの安定感は、さすがという感じです。

 

その他はOmniFocus、Tody、Tweetbotという配置。

Todyは以前も紹介しましたが、すっかり一軍アプリになっています。

gengo-k.hatenablog.com

 

OmniFocus、Tweetbotはもう定番中の定番ですね。これらが無いと生きていけません。 

OmniFocus 3

OmniFocus 3

  • The Omni Group
  • 仕事効率化
  • 無料

 

固定以外はざっくり、アクション別に分けました。

「通知がきたら見る」というアプリは全てAppライブラリに入れてしまえば良いわけなので、ホーム画面に残っているアプリは「何かのニーズに対して自分から開くもの」ということになるかと思います。

であれば、そのニーズ毎に分類しておくのが最も分かりやすいはずという考えです。

 

「読みたい」と思ったら読むフォルダを開くし、「聞きたい」と思ったら聞くフォルダを開くといった要領です。

 

こうしてみるとかなりすっきりしたので、余ったスペースにiOSショートカットで作った「体重を記録」なんてのも置いてます。

Appライブラリ以前に、こんなものがホーム画面に入ることは絶対ありえませんでしたね。

 

iOS14はまだ様子見といった声ももちろんあるんですが、Appライブラリとデフォルトブラウザ変更でもう十分というか。だんだん細かいニーズが反映されてきて、OSとして進化していく感じが好きだなぁと思っています。

 

まぁそれ以外のアツいポイントはまだそこまで感じられていませんが。

 

Appライブラリはゲーム中毒になってしまうような人にも、「とりあえずゲームのデータは残しつつ隠しておく」というのが簡単にできるようになるので、少し離れる方法として良いかと思います。

 

ヘビーユースしてる他のアプリとかはまたそのうち。では。

新福菜館@京橋KiKi の激ウマチャーハンを持ち帰りで家で食す

 こないだ久しぶりに大阪京橋の新福菜館に行ってきました。

tabelog.com

京都に本店のある醤油ラーメンの名店ですが、ここのチャーハンがとにかく美味いんです。

 

先日ふらっと京橋に寄ったので、持ち帰りできるか確認しに行ってみました。

 

もともと量が多いので、余ったチャーハンを持って帰れる仕組みがあります。

それに加えて今は、持ち帰りとしても通常販売しているようです。

 

今回買ったチャーハン大盛りは、店内840円 - 持ち帰り810円。

持ち帰りの方が30円安くしてくれます。

 

買い方は普通に食券を買って店員に渡すだけ。

なんと丁寧に、水とおしぼりを出して席まで案内してくれます。

 

ちなみに810円の大盛りチャーハンがこちら。

f:id:gengo_k:20200924003434j:plain

 

とにかくパンッパンに詰めてくれます(笑)

ぎゅうぎゅうに詰まっているので、たぶんお茶碗4杯分くらいはあると思います。

 

醤油が良く効いており、冷めても全然いけます。

具は細かい肉と少量のネギ、タマゴくらいで非常にシンプル。このくずっぽい肉が美味い。

 

個人的にはラーメンも大好きなんですが、市内で食べられるのは残念ながらここだけ。

これから京橋を通る際は、晩飯はここのチャーハン持ち帰り一択になりそうです。

 

↓チャーハン特集本もじわじわ出てきてるのね。気になる。

ラーメン&炒飯・餃子 関西版

ラーメン&炒飯・餃子 関西版

  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle
 

 

では。